FC2ブログ

PORTE BONHEUR

~幸せを運ぶもの

丹波栗の渋皮煮、3度目の正直   

丹波栗の渋皮煮、3度目の正直
 H30 10月9日



味まつりで購入した丹波栗。

次の週末に渋皮煮にしました。
3回目のリベンジです。

1回目は煮すぎてボロボロになり、崩れたやつは柔らかく、崩れていないやつは固くなって失敗。
2回目は黒糖を使ってしまい、まずかった!

今年は3Lサイズを購入したので、この大きさ!!
丹波栗 大きい
丹波栗はもともと大き目なのですが、これは本当に大きかったです。

今回作った材料は、
丹波栗900g
てんさい糖800g
重曹大さじ2
ブランデー大さじ1(大人用なら大さじ2でも。ラム酒でも)

まずは寝る前にボウルに水をはって入れておきます。

翌日、鬼皮をむいて水をはっておいた鍋に入れていきます。
丹波栗 鬼皮剥き後

しっかりかぶるくらいに水をはってから重曹を大さじ1入れて火にかける。
沸騰したら栗が踊らないように火を弱めて10分煮ます。
アクがでるのをすくいながら、煮ます。

お湯が真っ黒になるので、水を流して入れ替えます。
丹波栗重曹入れて煮る

入れ替わった水の中で指の腹でこすりながら、表面の固い繊維をおとし、水をはったボウルに入れていきます。
鍋を綺麗にしてまた栗を入れてみずをはり、重曹大1を入れて煮ます。

同様に沸騰後弱火で10分煮て、水を入れ替え、表面をきれいにします。
3回目は重曹を入れずに同じように10分煮ます。

ところが!
また適当にやってしまう悪い癖がでてしまい、3回目も重曹を入れて煮てしまった!!
調べたら別に重曹は口に入れても大丈夫とのことだったので、そのままやりました。

水を入れ替えて綺麗に洗い、こんな感じに。
丹波栗下ゆで後
柔らかくはなりましたが、皮がめくれてしまったものが多かったです。
でも、少しめくれたくらいが柔らかくなるしシロップもよくしみて美味しかったので、よしとします。

綺麗にした鍋に水を切った栗を入れてお砂糖をかけ、とろ火で火にかけます。
丹波栗砂糖いれる

水も入れないし大丈夫かなと思いますが、たまに鍋を持って溶けた砂糖を溶けていない砂糖になじませていると、じわじわ溶けてきます。
丹波栗 砂糖とけてきた

液状になったら完全に溶けるよう、5分ほど煮てからラム酒を入れてひと煮立ちさせて火を止めます。
あーたんにあげたいので、私はしっかりめにお酒を飛ばしました。
そのまま一晩放置。

翌日は栗から水が上がってくるので、シロップっぽくなっています。
この時点ではまだ砂糖が一部そのまま残っている感じになっているので、再度加熱して蜜を均等にします。

栗だけを別の容器に入れて、残ったシロップを更に弱火で加熱し、残った砂糖を溶かします。
火を止めて荒熱がとれたら栗の容器に入れていく。
数日寝かせたものが美味しいそうです。

翌日いただきましたが、美味しかった!
丹波栗渋皮煮2018
やっと成功しました。

流石丹波栗。栗の味が濃い!
最高ですー。
あーたんがちゃんと栗を食べたことがなかったのですが、これはやはり「もっと食べたい」
と沢山食べてくれましたー♪

もっと沢山買えばよかったと思いますが、鍋に入りきらないような気がするので、これでよかったかな。

シロップはメープルシロップみたいな感じになっていました。
小さめのタッパに分けて入れ、すぐ食べる分以外は冷凍しました。
一気に食べちゃうのも勿体ないですしね。

たまに味わいます!

栗を食べた後のシロップは純粋に砂糖だけなので(正確にはブランデーが少し入ってるけど)
お料理に砂糖代わりに入れたり、パンにかけたり、便利に使えました。

手間はかかるけど、美味しいですよー。
是非チャレンジしてみてくださいー
スポンサーサイト

category: 【レシピ】

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://umazuki1985.blog.fc2.com/tb.php/397-26d1f917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)