FC2ブログ

PORTE BONHEUR

~幸せを運ぶもの

初めての定期検査結果は、、  

初めての定期検査結果は、、
H29 5月10日



6日に初めての定期検査を受けてきました。

まずは造影CTでしたが、右と左のどちらの手の血管から造影剤を入れるのか
と思っていたら、やはり右からでした。

乳がんをしたのが左胸だったので
抗がん剤は右腕から点滴されていたのですが、その副作用で右側の血管が
固くなってしまっており、針をさしにくいと言われていたんですよね。

当日の担当は、初めての看護師さんのようで、いつものベテランさんが横に
ついて、機械の使い方や針のさし方まで教えられていました。

嫌な予感がしましたが、その時はチョー痛かったけど何とか一発で針を
さしてもらえました。

この日血液検査もすると聞いていたので、造影検査後にこの後するのかと
聞いてみたら、なんとオーダーが入っていなかったそうで
本来なら造影剤を入れる前に、同じ針で血液検査もできたそうなのです。

やっぱり。。
検査前に確認しとけばよかったと、この後猛反省することになりました。

再度採血をするべく、先ほどの新米看護師さんに場所を変えて針を刺され
ましたが、何回さしても「あれ?出てこないなあ。痛いですよねーすみません」
と言われ続けました。

しかも、めちゃ痛い。。
血液検査って上手な人がやると全然痛くないんだけどな。

誰でも最初は初めてだし。
多少痛くても、この人がそのうちに上手になって沢山の人の治療に携わって
くれたら。。と思いつつ我慢。

ひとまず1本分は採血できましたが、もう1本空瓶が残っていました。

流石にまた別のところを探して刺そうとしていたので、いつも抗がん剤をしてくれて
いた婦長さんを呼んでもらうことにしました。

婦長さんが私の姿を見て一言。
「あーあ、こんなにあっちこっち刺してから呼ばれてもねえ。可哀想に」

婦長さんはそう言いつつ造影剤を入れていた針後の絆創膏をはがし、
刺したところの横に一発で刺して採血終了。

検査後主治医の先生の診察があり、CTをざっと目視したところ
問題なさそうと言われました。
以前から気にしていた顎下腺の腫れや腰についても聞いてみましたが
フーンくらいで流されました。

ベテラン先生が流すということは、怪しい症状ではないっていうことでしょう。

そして一昨日主治医の先生が直接電話をしてきてくれ、検査結果を教えてくれました。
造影検査は専門の読医の方がいるようで、そこにお願いするので結果が出るまで時間が
かかるそうなのです。

全て問題なし!

やったーー。
とりあえず、一つクリアです。

先生いわく、造影検査を1回しておけばしばらくは安心だからとのこと。

転移するなら早めにするだろうと言われている悪性度3の私の乳がん。
本当にドキドキしましたが、一安心です。
次回は夏にまた検査です。

多分転移するリスクの高い最初の2、3年は3か月ごとの検査なんでしょうね。
あーたんが幼稚園を卒園する頃には、、リスクの期間を無事脱出していたいもんです。
スポンサーサイト

category: 【乳がん】

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://umazuki1985.blog.fc2.com/tb.php/357-a985755a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)