FC2ブログ

PORTE BONHEUR

~幸せを運ぶもの

乳がん対策に、お手製カイロ  

検索キーワード;乳がん、のぼせ、副作用、抗ガン剤、更年期、冷え、温める、カイロ、玄米。小豆、手作り、お薦め、情報
のぼせ・乳がん対策に役立ったもの
H29 2月11日




またまたご無沙汰してしまいました。
転移騒ぎから一転、のほほんと暮らしておりいつの間にか2月に突入しています。

あーたんは無事2歳となり、私たちも結婚して7年がたちました。
色々あったもんだなー。

今日も寝付かせに時間がかかり、やっとこさ寝かせたのが21:30.
まあ幸せな悩みですけどね。

さてさて。
表題の件ですが、麻央ちゃんのブログで気になっていた玄米カイロというものを
検索していたら、買うと意外と5000円とか1万円とか高いし、
手作りもできるらしいので、自分で作ってみました。

とはいえ、生地を買ったりするとどんどん費用もかかってしまうので、
家にあった使わないハンカチとタオルハンカチで作ったので、可愛さはないですが。
手作りカイロ

使わないハンカチって、母に昔借りたままになっていたやつ。。

ハンカチを裏返して3方細かめに縫って、表にひっくり返し、
中身が寄ってしまわないよう、1,2本縫い目を入れます。
中身を入れつつ縫って、また入れるという感じです。

最初に作ったのが真ん中の3つに分かれたやつ。
これの中身は小豆です。
どれくらい入れていいか分からなかったのですが、作ってみると
ちょっと少なかったなと思いました。

中身は多い方が、温かい時間も長くなるんではないかと。

それで残り半分のハンカチには、玄米と岩塩を多めに入れて
2分割で作ってみました。
これはまたボリュームがあって、いい感じです。

カイロ本体には薄手で目が詰まったハンカチを。
カバーには熱くなりすぎないようタオル地のハンカチを使いました。
カバーは中身を取り出せるように、1方は開いたままにしています。

中身の量にもよると思いますが、600wで1分加熱してちょうどよかったです。
小豆や玄米の内部にある水分が温められ、しっとりと蒸気がたちのぼり、
じわっと温かくて気持ちいいです!

乳がんは特に熱に弱く冷たいところが好きらしくて、女性の胸は形からして
表に出ているので冷えやすいそうです。
更に私は副作用ののぼせがあるので、くびまわりが開いた洋服を着ており
鎖骨付近が冷えているのが気になっていました。

特に今回鎖骨まわりの転移騒ぎでドキドキしたこともあって、余計に温めて
予防をしたいと思ったのもあります。

更に夜寝つきが悪いので、首元を温めると寝やすいです。

がん予防に脇の下や胸、鎖骨まわりを温めています。
生地があればもっと大きいのを作りたかったなと思いました。
1度温めると2-30分くらい持ちますが、連続で加熱せず4,5時間あける
方がいいそうです。
2個あると寝る前、寝る時と連続で使えます。

使ってみての小豆と玄米の差ですが、小豆の方が中に含まれる水分が
多いせいか温めたときの湯気が多かったです。
玄米の方が量が多いせいか温かさが長く続くような気がします。

ハーブを入れるとアロマ効果もあり更にリラックスとありましたが、
そんなものは近所で手に入らなかったので、ちょうど家にあったアロマオイルを
ティッシュに少し垂らしてカバーに一緒に入れると、蒸気で香りが広がりました♪
温めると小豆のにおいがするので、それが気にならなくなっていいかも。

首元を温めると足先まで温まるような気がします。
無治療のため、ガンを直接退治できてるんじゃないかと思えるのもいいです。

冬ののぼせ対策として最近役立っているものは、ユニクロのウルトラライトダウン。
コートの下に着れる襟がないものです。

雪の降る真冬であってものぼせがくると本当に暑くて耐えられないので
タートルや厚手のセーターを着れません。
特に外ではかつらもあるので、脱げないんです。
でものぼせの時以外は寒いし、あーたんを連れて寒い外に長居することも
多いので困っていました。

このライトダウンなら、それほど厚手のコートじゃなくても中に着れば温かいし
暑くなればさっと脱いだり、冷えたら着たりとすごい簡単に調整できるし
小さくたためるし軽いのでカバンにも入れやすい。

すごい快適になりましたー♪
もっと早くから買えばよかった!

ということで、乳がん予防や冷え性の方には手作りカイロ。
冬ののぼせでお悩みの方にはウルトラライトダウン。
お勧めですよー
スポンサーサイト

category: 【乳がん】

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://umazuki1985.blog.fc2.com/tb.php/341-7e90c042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)