PORTE BONHEUR

~幸せを運ぶもの

超豪華☆ラ・カンパーニュのフルコース  

検索キーワード;那須、オーベルジュ、カンパーニュ、子連れ、OK、2歳、観光、美味しい、フレンチ、イタリアン、フルコース、お出かけ、おすすめ、子供、見どころ、オススメ、お薦め、情報
日光・那須へ行ってきました③(ラ カンパーニュ フルコース編)
H29 7月23日



お食事は1階エントランス横の食堂でいただきます。
贅沢にも、この日の宿泊は私たちだけなので貸し切りです。
申し訳ないような気もします。
カンパーニュ食堂

ちゃんとあーたんの分もテーブルセットされていました!
料金払ってないのになあ。
カンパーニュテーブルスタンバイ

あーたんは持ち込みのジュースで乾杯です。
この日は乳がん対策で普段食べないようにしている
「お酒、牛肉、豚肉、乳製品」を解禁にしています。
日常的に摂取しなければ、たまにならいいんじゃないかと。
カンパーニュ乾杯
久しぶりの赤ワイン!最高~

こちらが大満足のフルコースです♪
ちょっとランクは上げた気がする。。
細かいことは残念なことに忘れた・・すみません

1品目
カンパーニュ夕1

2品目
カンパーニュ夕2
エビとチーズが入っていて、すごく美味しい春巻きでした!
あーたんががっついて食べていました。

3品目
カンパーニュ夕3

4品目
カンパーニュ夕4
どれもこれも美味しい。

いっつもあーたんのお世話をしつつ、ゆっくりと自分の食事をいただくことも
ちゃんとした外食もできなかったので、本当に癒されました。

あーたんも綺麗なお料理が続くため、目新しく、「ナニコレ、ナニコレ」と
お食事をちょこちょこ味見して楽しんでいました。

5品目
カンパーニュ夕5

6品目
カンパーニュ夕6
なんだろう。
ミルフィーユのような、パイのような、グラタンのような。
さっくりトローリ。

7品目
カンパーニュ夕7
私の大好きなパテ!
赤ワインに合うんですよね~

8品目
カンパーニュ夕8
いつも失敗しがちなんですが、パンを食べすぎないようにしないと。。
メインの前にお腹いっぱいになってしまうので、ご注意を

9品目
カンパーニュ夕9

10品目
カンパーニュ夕10
冷たいポタージュスープ

11品目
カンパーニュ夕11

12品目
カンパーニュ夕12
メイン前の口休めのシャーベット

13品目
カンパーニュ夕13
こちらがメイン。
フィレ肉だったかな。
多分。
残念極まりない。

14品目
最後のデザートはなんとワゴンサービスで食べ放題!
カンパーニュデザートサービス
テーブルで説明しつつ、取り分けてくださいます。
沢山食べてお腹いっぱいなのがもったいないくらい、丁寧に作られた
沢山のデザートたち。

こちらは私。
ついつい欲張ってあれこれとっちゃいます。
カンパーニュ夕14
当たり前ですが、アイスもすべて手作り。

こちらは旦那さん。
カンパーニュデザート2

あーたんも、持ち込みのIPADやパンなども功を奏し
最後までにっこりこの笑顔。
カンパーニュであーたん

スイーツは別腹でした。

丁寧な美味しいお料理に、優しいサービス。

ただただ美味しく、ゆったりとお食事させていただき、素敵な時間を
過ごさせていただきました。
スポンサーサイト

category: お出かけ【子連れ編】

tb: 0   cm: 0

超おススメ!那須のオーベルジュ  

文字色検索キーワード;那須、オーベルジュ、カンパーニュ、子連れ、OK、2歳、観光、美味しい、フレンチ、コース、お出かけ、おすすめ、子供、見どころ、オススメ、お薦め、情報
日光・那須へ行ってきました②(ラ カンパーニュ編)
H29 7月23日




やっとこさ目的のオーベルジュに着きました♪
道が混んでいて、17時すぎちゃいましたが途中で電話連絡は
しておきました。

ご存知の方も多いと思いますが、オーベルジュとはホテルと違い
宿泊ではなくレストランの方がメインで、プラス宿泊施設もあるという
形態のものです。

大体ご家族で経営されていて
客数も少ない(6~8組くらい)ことが多かったです。

大きな施設や設備は不要だし、逆に沢山のお客を相手に適当な対応
をされてしまうより、暖かいサービスを受けたいし、
食べるのが大好きな私たち夫婦にとって、食事で満足できる
ことが何より嬉しく重要なのです。

ただ、オーベルジュは作る方も来る方も食事にこだわりがある方が多いので、
子供を連れていきにくいし、子供用のメニューがありません
と断っていたところもありました。

お隣さんから「子連れでも行けるオーベルジュもありますよ」
と情報をいただき、たどりついたのが
オーベルジュ ラ・カンパーニュ
HPはこちらから

でした。

さて、いよいよチェックインです。
駐車場は道をはさんで向かいにありました。
ちょっと分かりにくいですが、ちょうどホテルの方が出てきてくれていて
誘導していただきました。

既に真っ暗で雨も降っていたので、外観はまた翌日。
小ぎれいな洋風な建物で、エントランスホールは広く、天井高さも
ありました。
カンパーニュ受付
優しそうな女性の方が受付してくれました。

吹き抜けの階段を上がって、2階一番奥の部屋でした。
カンパーニュ室内
あーたんの食事も布団も無しにしたので、ダブルの部屋だったのですが。。
流石にダブルで3人は狭くて寝れず、旦那さんがソファで寝てました。。
2歳は無料でしたけどね。

お部屋は広くて綺麗。

しかも、室内風呂がガラス張りになっていました。
勿論カーテンで閉められます。
カンパーニュ室内22

可愛いオーバルの陶器浴槽と木製のおしゃれなお風呂
壁も大判タイル。凝ってますねえ。
カンパーニュ部屋風呂

洗面もはやりのトイレと一体スタイル。
カンパーニュ洗面2

更に、建物内に2つの貸し切り風呂があります。24時間いつでもよいそうです。
この日は日曜だったのもあり、私たち以外誰も宿泊者がいなかったので
入り放題!

両方とも温泉ではないですが、
おススメの欧風露天風呂
カンパーニュ露天
すっごい広いです。
洗い場は2かしょ。
ただ、完全に全面外部なので冬は寒いかも。。

脱衣所は狭めでした。
3人同時に着替えるのがギュウギュウくらい。
カンパーニュ脱衣

もう一つのお風呂は完全室内型でジャグジーもありますが
狭いというか。
普通の家族風呂でしたので、今回は入らず。
カンパーニュ家族風呂

さて、お風呂も入ったところで、18;30からお楽しみのご飯です!

チェックインの時にホテルの方に
「子供がまだちゃんとご飯を食べられないので、お食事をお願いしてないのですが
私たちの料理を一部取り分けたり、食べれる物や飲み物を持ち込んでも
いいでしょうか」
と質問したら、「是非どうぞ!チンしたりお湯が必要だったら言ってくださいね。」
と優しいお返事をいただきました。

「お子さんのお迎えの時間が」ともおっしゃっていたので、子育て中なのでしょう。
そういう意味でも子供可能なんですね!
安心です。

長くなるので、次回に続きます。。

category: お出かけ【子連れ編】

tb: 0   cm: 0

日光・那須へ行ってきました その①  

検索キーワード;那須、日光、東照宮、華厳の滝、2歳、観光、駐車場、お出かけ、おすすめ、子供、見どころ、オススメ、お薦め、情報
日光・那須へ行ってきました(東照宮・華厳の滝編)
H29 7月23日




那須高原へ、待望のオーベルジュに泊りに行ってきました♪
あーたんが一緒なので、子供づれでも行けるところはないかと
検索して探したのです。

まずはホテルの前に日光へ観光に行きました。

ちょうどお昼になったので、近くでパン屋さんを検索したところ、
東武日光駅前に「金谷ベーカリー」というところを発見し、寄ってみました。

金谷ホテルベーカリー
本当に駅前にありました。
それほど大きいお店ではなく、2階にもCafeスペースが併設されていました。
金谷ベーカリー駅前

その時には店内の写真を撮れる雰囲気じゃなかったのと、
まだこのパンに期待していなかったので、撮影しておらず、
こちらはその後リピートで寄った別のお店の写真になります。
金谷ベーカリーパン

そう。
すっごく美味しかったのです!

一つ一つが、出来合いのパンのように袋に入っており、
普通のパンに見えたのです。
それほど種類もないし。
スタンダードな種類しかないし。

その後車内で食べて「美味しい!!」とびっくりして調べなおすと
どうやら明治初期から続く、超有名な老舗ホテルのベーカリーだそうです。
失礼いたしました。。

あちこちで買えるようですが、午後に寄ったお店ではほとんどのパンが
売り切れていたので、要注意です。

車で30分ほどで東照宮に到着。
近くの駐車場は1日600円。
流石にあちこちにあり、収容台数は多いです。

日光東照宮
東照宮の拝観料は1300円。
宝物殿とのセット券は2100円。
結構いい金額します。

東照宮map

入ってすぐの五重塔。
境内は立派な木々が植わっていて、荘厳な雰囲気でした。
日光五重塔

そこを過ぎるとすぐにある、有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」の3猿。
建物の壁の一部であり、気を付けないと通り過ぎそう。
外国の方は恐らくそれほど有名とは思わないのでは。。
見ざる言わざる

この奥に見えるのが、一番のみどころ「陽明門」です。
東照宮鳥居

ちょうど平成の大修理中のようで、とっても綺麗でした。
陽明門

一部はまだ下塗りのようです。
東照宮補修中

東照宮は私が小学校の時に学校で来て以来です。
当時はまだ子供だったので、何が良いか全くわからず記憶に残ってませんでしたが、
こうやって大人になって来てみると、有名なだけはありますよね。
流石家康さんを奉ってる!
という感じで、いちいち手が込んでいる、、高そうです。
ゴージャス。

有名な眠り猫も、建物から出る時の鴨居部分にちょこっとあるだけで
眠り猫頭上

混んでいるし、通路なので止まって写真を撮りずらい
ああ、やっぱしぶれてる!
眠り猫

三猿でも思いましたが、なぜ有名なのか実物を見ると謎です。

眠り猫の近くにトイレを発見。
その前の縁側でちょっと休憩です。
流石にあーたん限界。
そりゃあ興味ないわね。
東照宮で休憩

奥宮へ続く階段は、上るのをためらうくらいの段数でした。
あーたんは上る気なし。やっぱりおんぶです。
なかなかのトレーニングみたいになります。
東照宮階段

それほど境内は大きくないイメージです。
高尾山の方が広かったなあ。

1時間強ほどで終了。
時刻は14時前。
華厳の滝へ向かいます。

40分ほどで到着。

華厳の滝
専用の駐車場に停めました。310円。
華厳の滝駐車場

すぐ真横に華厳の滝入り口がありました。
華厳の滝前道路

入り口を入るとまもなく滝の気配が。
意外と下の方にあるようです。
華厳の滝へ

この建物内に、間近で見ることができるEVがあります。
華厳の滝EV前

建物前にはお土産やさんや食べ物を扱うお店が色々とありました。
華厳の滝お土産

EVは550円。
1分で着きます。
華厳の滝EV

着いたら地下通路のような冷たい道を進み、
華厳の滝展望通路

展望台は2階建てでした。
華厳の滝展望

大きな滝なので、しぶきが霧のように広がっていて幻想的です。
ここも小学校の時来ましたが、、全く記憶にない。
ある意味、わざわざ子供だけを連れて行くのはもったいないんじゃないかと
思いました。
華厳の滝

数ある滝の中でも、すごい方に入るんじゃないかと思います。

15時すぎ。
やっとこホテルへ向かいます。

category: お出かけ【子連れ編】

tb: 0   cm: 0

引越と子育て環境  

無事引っ越しました
H29 10月8日



先週末、神奈川県から大阪へ引っ越しました。

元々は大阪に住んでいて家も買ってたのですが、旦那さんの
転勤で神奈川県に3年半住んでいたのでした。

とはいえ、実際に3年半住んでいたのは旦那さんだけで
私出産やら、あーたんの心臓の手術やら、乳ガンの治療やらで
半分は大阪の実家に居候していたため、半分だけなんですけどね。

それでも相模原は自然も多く、公園や牧場、ダム、こどもセンター
など子育てとしてかなり充実した環境だったので、
遊びに行くところに毎日困りませんでした。

また、知り合いのいないところでの初めての育児はとても大変で
どうなるか心配でしたが、社宅に子供が同い年のママ友が沢山いてくれて
こどもセンターや社宅一緒に毎日遊ぶようになり、追い込まれていた育児も
お互いの話をするだけで気が紛れました。

勿論あーたんも、私とだけ接するより、同年代のお友達と
ケンカしながらも楽しく遊ぶ中で、とても成長しました❗
(ほとんどあーたんが他友達のおもちゃを取る、貸さないのもめ事でしたが)

そういう意味でも心身共に充実していた相模原生活が終わり、
また大阪で一からの人間関係構築が始まります。
あーたんを連れていける遊び場所もなかなかないので、
探さないと。。

でも久しぶりの自宅は広くて綺麗で快適だし、
仕事場もこちらだし、実家や親親戚、仕事関係の友人もこちらに
いるんで、勿論嬉しいんですけどね。

それくらい、充実した相模原生活でした。

新しい環境でも、旦那さんとあーたんと楽しむぞ❗

昨日は部屋片付けを置いといて、ずっと行きたかった篠山にお出かけしてきました。
その記事はまたいずれ。。


category: 未分類

tb: 0   cm: 5

江ノ島に行ってきました  

検索キーワード;えのすい、江ノ島、水族館、神奈川、2歳、観光、駐車場、お出かけ、おすすめ、子供、見どころ、オススメ、お薦め、情報
江ノ島に行ってきました
H29 7月8日




時刻は14:30
かなりの猛暑でしたが、なかなか行く機会がないだろうということで
江ノ島に渡りました。

大阪出身の旦那さんは勿論ですが、私も初めてでした。

こちらが江ノ島へ渡る橋の入り口です。
江ノ島は目の前に見えています。
江ノ島への入り口

あっつい中、頑張って歩きました。
天気は良すぎるくらい良かったです。
江ノ島へ橋を渡る

長かった気がしましたが、10分もかかっていないようでした。
こちらは江ノ島に入ってすぐのところです。
鳥居をくぐって中に入ります。
江ノ島についた

思いのほかお店がずらずら並んでいました。
もっと町っぽいのを想像していましたが、京都の清水寺の近くのような
観光地のお土産街だけでできているような感じでした。
江ノ島お店
海外の旅行客の方々が沢山いました。

お店の奥に神社がありました。
その名も江ノ島神社。
龍神を祀っているそうで、江ノ島自体が元は修験者の霊地だったそうです。
江ノ島神社ついた
島全体に神社が沢山あります。

ちょうどお祭りか何かをしていたようで、お囃子が聞こえてきたと
思ったら、浴衣を着た人たちが大勢行列をなして通っていきました。
江ノ島おまつり

本当はもっと奥に展望塔とか、洞窟だとかあるようでしたが、
夕方用事があったので、ここで引きあげてしまいました。

橋を渡って戻り、もう一度えのすいのCafeでこちらの白桃ソフトを買いました。
とても濃厚で美味しかったです。
えのすい白桃ソフト

あーたんは桃もアイスも大好きなので、この笑顔です。
今日イチの嬉しそうな笑顔でした。うーーむ。
まあまだ2歳だからね。
えのすいアイスでにっこり

もし次に来ることがあれば、真夏は避けたいなと思いました。

以上です。

category: お出かけ【子連れ編】

tb: 0   cm: 0